1. トップページ

先物取引ってなに?


先物取引

先物取引とは、簡単に言うと
将来の売買に関して現時点で予め売買の約束をする取引の事を言います。

小豆とかコーヒー豆などを扱うイメージがあるかもしれませんが、
それ以外にも株などでも行われる場合があります。

現時点では売買の数量を決めているだけで、
約束の日が来たら売買を行うという事になるので、
前もって売買の価格を決めて億事が出来るというのが大きなメリットです。

それによって価格変動のリスクを回避する事が出来るからです。

しかしこのように見てみると先物取引はとても魅力的な方法で、
どこでも利用すれば良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、
実際の取引にはデメリットもあります。

その一つが元本が保証されていないという事です。

自分たちの予想した通りに価格が推移して行けば
損失が出てしまうという可能性はかなり少なくなりますが、
その予想を反してしまった場合は損失が出てしまう可能性があります。

その為、場合によっては
資金を追加しなければいけない事態に陥ってしまいかねません。

したがって、先物取引をする場合はメリットだけでなく、
そのデメリットも良く理解しておく事が必要です。

また、ハイリスクハイリターンと言う取引だという事も合わせて知っておくべきでしょう。

更新情報

-2015.1.21-  先物取引のメリット