1. トップページ

先物取引と株の違い


先物取引とは特定の商品をあらかじめ決めた期日に
現時点で決めた価格で売買する取引をいいます。

株の先物取引の特徴としては売りと買いの差額で取引する差金決済であり、
実際の取引額よりも少ない証拠金で取引され、
決められた期日になったときには強制的に決算されることです。

差金決済のメリットは買いと売りのどちらかでも注文できることです。

先物取引では買いや売りの契約のことを建玉を持つといいます。

そして、契約の反対売買をすることを建玉を決済するといいます。

買い建玉を持ったとすれば、
一般の株の保有と同様に株価が上がったところで建玉を決済すれば利益になります。

逆に売りの建玉を持ったとすれば、
株価が下がったところで建玉を決済すれば利益になります。

すなわち、株価が上がっても、下がっても、自分の予想が当たれば利益となり、
予想が外れれば損益になるということです。

先物取引は証拠金の何倍もの高額な取引を行うため、
少額の資金で運用することが可能ですが、高額の取引であるため、
大きな利益になることもあれば、大きな損失になることもあります。

先物取引は取引できる期限(期日)が決められています。

これを限月といいます。

先物取引では限月を選んで注文します。

期日になると保有している建玉が強制的に決算されます。