1. トップページ

投資とリスクの関係性


投資にはリスクがついてまわります。

リスクとリターンの関係性で、
リターンを期待しないのであれば、リスクはかかりません。

しかしある程度のリターンを期待するのであれば、
リスクは視野に入れておく必要があります。

ローリスクとよばれる投資方法の一つにFXがあります。
興味がある方はこちらは参考にしてみてください→おすすめFX会社一覧

投資のリスクを減らす方法としては、分散をすることが良いでしょう。

分散の方法はいくつかありますが、
まずは値動きの異なる商品を組み合わせて運用する方法です。

これは例えば、国内株式と外国株式、
また国内の株式でも輸入業社と輸出業社など関係性の異なる株式を組み合わせることで、
リスクを分散します。

しかし国内株式が全体的に下がったり、世界同時株安などになれば、
あまり意味はありません。

次に長期的にみたり、時間分散などの方法です。

これは短期の取引ですと値動きを読むのは難しいですが、
長期的に見れば同じような値動きをしていることかリスクを見る方法です。

リーマンショックでは、一時的に落ち込みましたが、
その後数年かけて元の標準まで戻りました。

また日本では、大震災がありましたが、その後のアベノミクスで戻しています。

しかし値下がりを続けていると、
どうしてももっと下がる前にと売りに走りがちになります。

今長期的な値動きの中で、どこ位置にいるのか読めないためです。